2017年3月14日火曜日

新・相生橋 OBだより109号(2017年4月1日号)掲載

 「冬来たりならば春遠からじ」(PBシェリーの詩。西風に寄せる公面歌の一節)辛い時期を乗り越えれば、良い時期は必ず来るというフィンランド人が、冬が来たばかりだのに遠い春待ちに寄せる有名な歌曲の一節である。日本でも寒い地方の人々の冬への気持ちは、同じであろう。今年の二月の冬将軍には悩まされたが、鳥取や真庭では雪害がニュースになったほどだった▼そんな厳寒を体感しつゝも、必ず「光の春」は訪れてくれるのが、日本の美しい春の営みである▼春といえば梅と桜であるが、正月に香気を漂わせる臘梅が可憐な黄色な花をつけ、二月に白梅が一輪二輪と咲くにつれて、春の足音が遠くで聞こえるようになる。白梅が過ぎると紅梅に代わって、冬と春との交代が始まり春爛漫を迎えるのである▼梅は、中国江南省が原産であって、奈良時代遣隋使の帰朝と仏教の渡来人が伝えた。当時から現在まで梅は、薬用として寺社に植えられ、神仏行事の一つとして梅干と切花として育てられた。一方では、梅樹の姿が庭園や日本の家屋に溶込む樹として植えられ、樹齢が百年という梅もある。盆栽としても多用される梅は、どこの家庭でも常備食として愛用される梅である。梅干の種を割ると白い粒が出てくる。寺の住職だった父は、この粒を「白観音さんだ」と言って食べさせようとしたが、断った少年時代のことをふと思い出した▼桜については、春の王者の花であるが、その散りザマはあっけない。花見の桜はほとんどが、江戸時代末に、東京葛飾吉野村で、「オオシマザクラとエドヒガン」が交配されて育ったソメイヨシノの桜である。他の桜に比べて成長が早く、花芽が多く満開の姿は、花木の王者である。しかし、害虫に弱くその上樹齢五十年と短い。しかし、江戸時代から最も人々に親しまれたこの桜は、各地に名木を残し、多くの人を呼んでいる三大名桜を表にしてみると次のようになるが、四番目が落合町の醍醐桜とは言ってくれない。この桜守りは、昔から落合町の「春名家十三戸」で守っておられると聞いた。その春名夫妻と思われし老人二人が毎週ETV3(金21時)「新日本風土記」の始めのテロップで写し出されるので…。


(H29・3月記 コラムvol.14編 日本コラムニスト倶楽部会員 R・T)

のんちゃんの あの人はいま18 ~山根 哲夫さん~




イチゴ農家になった

山根 哲夫さん(67歳)
2009年(平成21年)退職

2017.2.16イチゴハウス訪問(野田雄一郎)




退職後イチゴ栽培をしている邑久町向山の山根さんのハウスを訪ねました。
ハウスが2棟あります。
青々とした苗がたくさんあり、真っ赤な実がところどころついています。



収穫間近のイチゴ
[野田]          
みごとなイチゴですね。いくらぐらいあるんですか。


[山根]          
苗は約4千本あります。


[野田]          
退職後、イチゴ農家をされていますが、
これまでの経緯を教えてください。


高設栽培のイチゴハウス
[山根]          
退職する2年前から準備をしました。
退職前にハウスの材料を購入し、自分で作りました。
退職後に、さらにもう1棟を自分で作りました。
現在、ハウスは2棟で800㎡あります。


[野田]          
これまでの苦労話があれば教えてください。


[山根]          
いろんな人に聞きながら手探りでここまでやってきました。
最初は「さちのか」を作っていましたが、今はすべて「紅ほっぺ」を作っており、
邑久と長船の直売所に出荷しています。
1箱4パック入りを平均毎日17~18箱出荷しています。

作り出して2年目に苗が炭そ病で全滅し、この時は大変でした。
その後は病気にもならず順調に大きくなっています。
これまで良いと言われるものはすべて試してみました。
土ではなくもみ殻のくん炭を使っており、消毒はハダニ予防のため年2~3回程度しかしません。


イチゴの花粉を運ぶミツバチ
[野田]          
1粒食べてみましたが、甘くておいしいです。
それにミツバチがたくさん飛んでいますね。


[山根]          
できるだけ自然な環境で育てるよう、
ミツバチもたくさんいます。
糖度は12度以上あります。
おいしい、甘いとのことで、指名してもらっており、
赤穂の方からも買いに来られるようになりました。


[野田]          
イチゴ農家の年間スケジュールを教えてください。


[山根]          
イチゴは12月から4月まで出荷します。
5月からは次の準備をします。
親苗を植えてから収穫するまで15ヶ月かかります。
それの繰り返しです。


[野田]          
退職後、何をしようかと悩んでいる後輩もいると思いますが、
何かアドバイスをいただけますか。


[山根]          
退職する前から後のことを考えて、残りの人生を無駄にしないようにしてほしい。
農地も3反ありますが、米作り以外のことをしようと思い、イチゴ作りを始めました。
後5~6年は続けていきたいと思っています。

真っ赤に熟れたイチゴ

2017年3月6日月曜日

「終活」のすすめ⑰ 「岡山葬儀事情⑤~葬儀の形式(種類)を考える~」




「終活」のすすめ⑰

「岡山葬儀事情⑤
 ~葬儀の形式(種類)を考える~」

終活カウンセラー 川上 恵美子






葬儀の打合せにおいて、「葬儀の形式は?」と必ず聞かれる。

お葬式の形式(種類)を考える時に必要なことは、形式は「宗教」の事で、仏教であれば仏式、神道であれば神式、宗教が無い場合は無宗教式などがある。

もし自分は無宗教で考えていても、菩提寺がある場合、戒名がないとお墓に納骨させてもらえない事もあるので、宗教の自由とは言われるが、本人の希望だけでなく、送る側の意向も聞いて、よく話し合い決める事が大切だ。

葬儀の種類としては「一般葬」と「家族葬」、「直葬(ちょくそう/じきそう)」が挙げられる。

「直葬」とは宗教・儀礼を省略したもので、「火葬」のみを目的とし最も費用を軽減できるが、十分なお別れができない場合もある。

では「一般葬」と「家族葬」の違いは何だろう。葬儀の内容に明確な違いはないが、葬儀に「呼ぶ人を限定する(家族葬)」か、「しない(一般葬)」かである。


●一般葬は会葬者を限定せず、広く葬儀を知らせて、参列したい方が自由に参列できる。
メリット :家族・親族以外にも故人の生前の縁を大切にできる。
デメリット:人数・費用の予測が難しい。
      遺族の面識のない方々も参列され、
      対応等でゆっくりお別れの時間がとれない場合もある。

●家族葬は会葬者を限定し、家族や親族以外に、親しい方々に参列を依頼して行う。
メリット :人数・費用の予測がある程度可能で、
      参列者はご親族や近しい方なので、ゆっくりとお別れができる。
デメリット:葬儀後、参列できなかった方への対応が必要。


葬儀の形式(種類)をどう希望するかを考える中で、自分の人生で「大切な人」について改めて考えて欲しい。

次回は「岡山葬儀事情⑥~事前相談のすすめ~」です。

2017年1月13日金曜日

のんちゃんの あの人はいま⑰ ~行正 健志さん~




 
 レコードコンサートで
 地域の文化交流をしている

 行正 健志さん68歳)
 2008年(平成20年)退職

 2016.10.22
 旧矢掛本陣石井家酒蔵にて
 今回は久本恵弘さんの取材です





今回は、LPレコード蒐集家として知られ、また天神山文化プラザや矢掛町でレコードコンサートを開催し、その博識を活かしナビゲーターをされている行正健志さんを紹介します。

レコードコンサートが始まる前の多忙な時間であったが取材をお願いしました。
私のぶしつけな質問にも快く応じていただきました。

ラジオ少年だった私は、高校生の時ステレオレコードなるものを初めて聴き、その音と装置に魅せられオーディオファンになってしまった。
生い立ちからして「音楽が好き」というよりも「音が好き」といった方が適当かもしれない。

そんな私は、今年になって行正さんが矢掛町でレコードコンサートをされていることを聞き早速会場へ出かけた。それは1月の終わりの雪の舞う寒い日であった。
しかし会場の矢掛町家交流館には既に熱心なファンが集まっていた。

このレコードコンサートは、旧矢掛本陣13代当主の石井遵一郎さんが蒐集され矢掛町に寄贈されたものを皆さんに聴いていただくために企画されたものであり、行正さんがその博識と経験を活かしナビゲーターをされているものだ。

当日使用されたレコードは、ステレオではなくモノラル録音のものであったが温かくそして懐かしさを感じさせる音であった。
行正さんの丁寧なナビゲートとともに最後までコンサートを堪能させていただいた。
その後毎回レコードコンサートに出席させていただいている。

行正さんの活動を「OBだより」で紹介することとし、10月終わりに取材を兼ね旧矢掛本陣石井家酒蔵の会場へ出かけた。
当日はいつものクラシックではなくジャズのコンサートであり、ナビゲーターは同じ県庁OBの高谷さんが担当された。

当日使用された再生装置は、最新のレコードプレイヤーに真空管アンプ、そしてスピーカーは米国アルテック社製A7で「ボイス・オブ・ザ・シアター」と呼ばれている劇場用だ。アンプには大型出力管を使用していることもありスピーカーを力強く鳴らす。

曲目、プレイヤー等のエピソードを聞き、レコードを聴くと何回も聞いたことのある曲もより興味深く聴くことができる。




行正さんから伺った話は次のとおり。

[久本]          
和気町在住の行正さんが矢掛町の「石井コレクション」LPレコードコンサートにかかわることになったいきさつは。

[行正]          
矢掛町長が「石井コレクション」を利用し街づくりに役立てることを考え、私に依頼がありました。

[久本]          
音楽に興味を持たれたきっかけ、時期は。

[難波]          
中学生の時、先生に「新世界」や「アイーダ」のレコードを聴かせていただいたことです。

[久本]          
主としてクラシック音楽のナビゲートをされていますが、他のジャンルはどうですか。

[難波]          
最近は室内楽、声楽をよく聴いています。ジャズや民族音楽も聴きます。

[久本]          
特に好きな演奏者等は。

[難波]          
指揮者ではフルトヴェングラー。岡山で聴ける演奏家ではカルテット・ベルリン・東京、久保陽子。CDで聴ける歌手では、バルトリ、波多野睦美等です。

[久本]          
現在はCD等が主流ですが、何故今レコードですか。

[難波]          
レコードの音とジャケットが好きです。

[久本]          
最近レコードが見直されていますが。

[難波]          
レコードの購入者は若い人もいますが、ほとんどが高齢者だと思います。高齢者にはハイレゾ等は無縁の世界です。個人的にはそれほど広がらないと思います。

[久本]          
これからレコードで音楽を楽しもうと思われている人たちへのアドバイスは。

[難波]          
できるだけ生の音を聴いてください。レコードを蒐集される場合は、廉価版でも状態の良いものを購入してください。結構良い音です。

[久本]          
レコードは保存・管理が大変だと思いますが、特に注意していることは。

[難波]          
約7000枚所有していますが、湿度計を置き管理しています。雨の日は除湿機を使用します。中古のレコードを購入した場合は必ず「パック」をしクリーニングをします。希望者には方法を教えます。

[久本]          
レコードは入手が困難になっていますが、入手方法は。

[難波]          
新譜は高価でも購入しますが、中古盤は安いものを「足」で探しています。

[久本]          
レコードコンサートに行ってみたい方のために今後の予定を教えてください。



3月21日(火)~26日(日)
 天神山文化プラザ第5展示室
 石井遵一郎LPコレクション、ジャケット展

3月26日(日) 10時30分~12時、14時~16時
 天神山文化プラザ3階会議室
 「パリのモーツァルト」シリーズ等




 現在はCD等デジタル音源が主流であるが、レコードの魅力も捨てがたい。皆さんもレコードの音をもう一度聴いていただき、その良さを再確認していただければと思う。
 最新のもの、高級(高価)なものがいいと思われるかもしれないが、好みは人それぞれであり必ずしもそうではないところがこの世界の面白いところだ。
 最後になったが、レコードコンサートを通じ地域の文化活動に貢献されている行正さんに敬意を表したい。(久本恵弘)

新・相生橋 OBだより108号(2017年1月1日号)掲載

 あけましておめでとうございます。会員各位には、御清祥にて家族と共に新年をお迎えのことと、お喜び申し上げます。大晦日も一夜明ければ正月である。去年ともなく、今年ともなく、憂きことも災いも、去年になりゆく今年の正月である▼このコラムを読んでおられる方は、昭和時代の正月風情を思い出される方もあるでしょう。鎮守の森を清め、注連飾りを準備したり、道祖神や六地蔵を清掃したりされ、町内会や部落会の人と正月前の行事をされた方もあるでしょう。そんな正月前の部落のつき合いは、つい先年の頃の風景であった。しかし、今は近所の人と参加することがなくなったと聞く▼齢を重ねると月日が早く過ぎ去るようだと、多くの方から聞く。今日から明日へと時針は変わらず刻々と進んでいるのにどうしてそう感じるのか。この疑問に答えたのは、ストレス学説を説いた、ハンズ・セリエ(1982・カナダ医学者)である。その学説の結語は「精神のよりどころにある」と述べ、例えば、一日中朝から夕方まで忙しく動いたり、書物に心注したりした時は、時針が早く進むと感じ、目的もなくダラダラと無為の時を過ごすと時針は遅く感じる、と説いている▼このコラムの書是は、健康であった。健康生命は、地球より重い、との格言のとおり、すべてに先んじらねばならない。「一年の計は元旦にあり」との格言があるが、各位にとって今年の「計」は健康寿命を設定されたらどうでしょう。健康寿命は、今の自分の体と精神が共に健全な状態であって、症状がない状態であるが、もしも健康でなかった原因は、過去の積年のツケが身体に影響を及ぼしたためである▼なぜか年と共に肉体の諸器官が衰えてくるからだ。健康寿命のためには、その三原則「栄養・休養・運動」を日常生活に組み込むことが必須である。哲人レオナルド・ダ・ヴィンチ(1452~1519)は「十分に人生の終わりのことを考えよ。まず最初に終わりを考え生きてゆけ」と「人生ノート」の中で述べている。また日本でも、吉田兼好(1283~1352)は「徒然草」で「健康は、始めと終わりこそをかしけれ(よろずのこと始めと終わりこそ大切であり、味わい深いものだ)」と述べている▼イタリアの哲学者と鎌倉時代の宗教家が、健康について同じ意義を唱えていたことは、今日に至っても決して色あせないことを認識するものである▼平成も29年目に入った、今日の世相は混沌としているが、今年が各位にとって、そして、家族にとって良い年となることを祈念します。

(H28・11月記 コラムVol.13編 日本コラムニスト倶楽部会員 R・T)

2016年12月6日火曜日

「尾道七佛めぐり」に行きました。

12月3日(土)秋晴れの空の下、「尾道七佛めぐり」に行きました。倉敷支部の主催です。倉敷支部は、発足以来、毎月第1土曜日の午後2時から6時まで「退職者サロン倉敷」を倉敷美観地区入り口にある「つくしビル7階」で開催しています。

 今年度の総会を、12月3日のサロンを兼ねて、「尾道七佛めぐり」を実施しました。

 倉敷支部以外の方の参加も受け付けました。


 当日は、27名が尾道駅に9時に集合しました。

 現地では、「観光パートナー尾道の会」の槙さんを含め2名のガイドさんが待っていました。

 最初に向かったのは、延命祈願「持光寺」です。頭がアフロな阿弥陀さま、にぎり仏と庭園がきれいでした。

 「持光寺」を出ると、いったん国道2号線に出て、国道沿いの狭い道をを通って病気平癒祈願
「天寧寺」に行きました。山門から、天寧寺の三重塔と千光寺が山の上に見えました。

 本堂の前で一礼してお堂内に入ります。ご本尊は釈迦牟尼仏です。「南無釈迦牟尼仏」です。
 本堂の左側に「びんずるさま」がおられ、皆さんさわっていました。

 本堂を出たところに、「五百羅漢堂」がありました。「五百羅漢様」が天井に届くほどたくさんいらっしゃいました。みなさんお顔が違っていました。天井にも絵が描いてありました。五百羅漢堂の
前にみごとな枝垂桜があります。4月初めごろくれば満開でしょう。

 天寧寺の三重塔を見ながら、本当に細い道を通ってロープウエイ乗り場に行きました。
ガイドさんがいなければ、もう一度は通れないかもしれません。途中、ねこの店があり、本物のふくろうが窓から覗いていました。


 ロープウエイで昇ったところは、千光寺公園です。展望台からは、尾道の街並み、尾道水道、尾道大橋などがよく見えました。

 文学のこみちを通り開運厄除祈願「千光寺」に到着しました。途中、自然の岩がたくさんありました。中でも、鏡岩はみごとでした。


鐘楼の前に千光寺の住職さんが待っていてくれました。ここで、約30分ほど説明をしていただきました。日本の音風景百選に選ばれているこの鐘の音は、志賀直哉の「暗夜行路」にも書かれているそうです。18時に鐘をつくそうです。

 千光寺の石段の前で、みんなで記念撮影をしました。

 ここからは、本日の昼食場「ええもんや」に向かいました。「尾道花膳」を食べました。尾道風鍋焼ラーメン、穴子寿司、えび天、煮物他があり、ラーメンには辛い七味が付いていました。

 午後からは、合格祈願「大山寺」に行きました。NHK朝ドラ「てっぱん」の梵鐘がありました。
21世紀の新三猿像があり、「見ざる、言わざる、聞かざる」の真逆の「見てご猿、言うてご猿、聞いてご猿」がいます。世の中の正しいことを「よく見よう」「よく言おう」「よく聞こう」ということだそうです。

 ここから、近道を通り、健脚祈願「西國寺」に行きました。百八段の階段に足はふらふらになり、みなさんばて気味でした。

 あと、ふたつということで、気をとりなおし、必勝祈願「浄土寺」に向かいました。ここが一番
きつかったです。ひたすら歩いてやっとたどり着きました。

 浄土寺には、国宝の多宝塔」があります。「日本3大名塔」の一つで、塔の途中に「邪鬼くん」がいました。

 浄土寺のすぐ隣りが、技芸上達祈願「海龍時」でした。境内後ろにそびえる巨大な石の山。
 尾道は良質な花崗岩に恵まれており、中でもこの大盤石は特に珍しいといわれます。
 また、海龍時の裏手にある鎖岩は見事でした。鎖を持って登っている人の姿がありました。

 ここで、解散しましたが、12人は福山に行き、そこで懇親会をして帰りました。

   










































































2016年12月2日金曜日

自治退岡山県本部第26回定期総会開催される


自治退岡山県本部第26回定期総会は、2016年12月1日(木)午後2時からサンピーチOKAYA
MAで、各単会から50名が参加し盛大に開催されました。


鈴木副会長の開会あいさつに続き、議長には長田照孝代議員が選出されました。

 来賓として、新見三郎さん(高退連会長)、古林久和さん(自治労県本部委員長)、藤原かおり子さん(倉敷市議会議員)、秋久憲司さん(津山市議会議員)、柿本健治さん(真庭市議会議員)、
岩野正則さん(美咲町議会議員)が来られ、それぞれ挨拶をしていただきました。

 メッセージがたくさん届きました。
 全日本自治退会長;人見一夫さん、全日本自治退広島県本部会長;松原克之さん、
 全日本自治退鳥取県本部会長;伊藤源蔵さん、全日本自治退島根県本部会長;谷 正次さん
 全日本自治退山口県本部会長;梅地茂光さん、参議院議員;相原久美子さん、
 参議院議員;えさきたかしさん、衆議院議員;津村啓介さん、津山市長;宮地昭範さん、
 自治労サービス代表取締役社長;澤田陽子さん

  議事は順調に進み、2017年度運動方針を全員で確認し承認しました。

  年金・医療・福祉などが私たち高齢者にとっては、厳しくなる一方です。現退一致で
 私たちにできることは声を出して、やっていこうと確認しました。

  総会に引き続き学習会をしました。自治労岡山県本部書記次長の中原弥生さんを講師に
「日本会議~わが家の場合~」と題した講演がありました。
      
  日本会議のめざすものとして、キーワードは「皇室中心」「改憲」「靖国参拝」「愛国教育」
「自衛隊海外派遣」。個人の尊重より、家族の尊重。そして国体の維持。

  憲法を改正し、天皇主義に立ち返った国家を確立し、領土に対する拡張意識をもつための
基盤として家制度の復活。

 憲法9条改正に隠した、24条の改正。実はこれが大問題!

 などの話があり、日本会議がわが家にもじわじわと浸透してきており、問題意識を持たないと
そのことが、おかしいと思わない、なんとなくあたりまえと思うようになる。と、自らの体験を
通してのお話でした。

  総会終了後は、サンピーチの1階のレストラン「それいゆ」を貸切にしてもらい、懇親会を
開催しました。

  日ごろ飲んでいないのか、飲ましてもらえないのか、この時ばかりと、おしゃべりをしながら
懇親会の夜は更けていきました。