2016年9月26日月曜日

「尾道七佛めぐり」のご案内


新・相生橋 OBだより107号(2016年10月1日号)掲載

 熊本城について述べるが、姫路城と共に優美なる熊本城が、激震にも耐えて崩落しなかったことは幸いであった。ついては、築城に係る基本的な点を予備知識として記す▼築城は人海戦術であった。城普請(城頭(しろがしら))を頂点に、ピラミッド型の組織が作られ、各部所に進行管理する「目付役」がおかれて作られていった。中世(鎌倉以前)の城は小藩や貴族が各地で小規模の城を作ったので、野面積(のづらづみ)という土盛りと石を盛り上げて領主境を作り、城と称していた▼信長と秀吉の時代になると、豪族が合併し領地確保のためのシンボルとして、築城が盛んになり、それまでの山城から、戦いを行う拠点と家来の館としての役目を持つ城へと変化し、さらに町人屋敷を備える城郭が形成されていく▼城にとって最も重要で、心血を注がれたのが、天守を支える土台と石垣であった。土台は土中3mの深さの穴を掘り、その中に粘土質の土から雑草と雑木の根や種を取り除き、砂と小石と塩を混ぜて、30㎝位の層を作り、土穴を石と大木を使った「タタキ込み」という道具で固め、コンクリートのようにして積み上げた▼次に石垣であるが、①「打込接(うちこみはぎ)」で粗末な岩を重ね、隙間(すきま)に割石を詰め込む方法(初期鎌倉時代) ②「切り込み接」これは、石の側面を重ねて直線になるよう削り隙間にグリ石を入れる方法 ③「亀甲積(きっこうづみ)」これは、石を多面体に加工し横ズレに強い六面体の石を隙間のない状態に積み上げる方法。現存する石垣で、美しい曲線を描く石垣の多くにこの方法が用いられている。熊本・姫路城で多くこの方法がとられ、熊本城の本丸は30mの高さをもち、「武者返し」といって登ろうとする武士が途中で断念する石垣である▼江戸時代中期(慶長年間以降)になると各藩が築城を行うようになる。こうした中、傑出した築城の名武将・藤堂高虎(秀吉と家康に仕えた、近江の出)を「頂点とする「土工・石工(いしく)(石垣づくり)・建築工」などの集団が出現した。この集団は、各藩に招かれて築城に当たったが、分かっている数だけで46城といわれている。さらに藤堂は、17歳で始めて城を作り(秀吉の命で赤木城)宇和島・丸亀・姫路・熊本等生涯74歳で没するまで27城(最後は家康の命により上野城)を作り、さらに、三大将軍家光に命じられて、日光東照宮と徳川家の菩提寺寛永寺(浄土宗)までも普請頭として活躍した。なお、藤堂の子孫が彦根市に石工古代建築の伝統を継承している集団、甲良組と阿納組が残っている。ただしこの組員は、要請によって集められるので、組員は他に職についている。
(次号は新年にちなみ寿ぐことを記す。)

(H28・9記 コラム12編 日本コラムニスト倶楽部会員 R・T)

2016年8月24日水曜日

ぐりんぼう岡山 秋の休日保障相談会






 事前予約・お問い合わせは 

TEL:086-253-6031

ぐりんぼう岡山 担当:岡田

平日、午前9時から午後5時まで受け付けています。
 ぐりんぼう岡山ホームページ


2016年8月18日木曜日

「終活」のすすめ⑮「岡山葬儀事情③~ お葬式の在り方を考える~」

          
       
「終活」のすすめ⑮

「岡山葬儀事情③~ お葬式の在り方を考える~」

終活カウンセラー 川上 恵美子





最近はお葬式の簡素化が進み、葬式をしないでそのまま火葬場に行く

「直葬(ちょくそう/じきそう)や、火葬した後で遺骨を引き取らない 「0葬(ぜろそう)」と呼ばれる

葬儀を選ぶ人も増え、岡山でもこの形式選択する人が出て来ている。

理由としては、以前は「身寄りがない」が多かったが、最近は本人側の「残された家族に迷惑を

かけたくない、負担をかけたくない」や、家族側の「経済的に余裕がない」、

そして両側での「葬儀の必要性が分からないので不要」という理由もある。



昔の様に義理や見栄で葬式を行う必要はないが、規模の大小に関わらず、

故人を感謝の気持ちで送ることはいつの時代も大切な事である。



前回、私は「お葬式」は自分の為だけでなく「残された大切な家族」の為にも

必要だという考えを述べた。



いつも近くにいてくれた人がいなくなったら、あなたはどうなるだろうか。

「大切な人を亡くす」というのは心身共にとても辛く苦しい事である。

でも「死」という経験から、命の大切さを知り、これからの人生を考え、

死から始まる新しいつながりを得る事も出来るのだ。



葬式は「大切なつながり」を作るとても重要な場である。 

大切な人の事を知ってもらい、語り合い、想いを共有する事は、残された家族が

これからを生きていく上での希望となり、支えてくれる人との大切なつながりの場になるのだ。




その希望は、これからの人生の「生き方」「活き方」「逝き方」を考える 自分の力となる。



そして悔いなく見送れたことで、心穏やかに手を合わせ偲ぶ事ができ、

ご先祖様とのつながりも感じることができるのだ。



葬儀事情がめまぐるしく変化しても、葬儀の在り方を考え、

納得して見送る知識と考え方を持っておくことは大切である。





次回は「岡山葬儀事情④~お葬式で必要な知識とは~」です。

2016年7月15日金曜日

のんちゃんの あの人はいま ⑮ ~難波 卓志さん~



総社市でレンゲ米の栽培をしている

難波 卓志さん
2010年(平成22年)退職

2016.5.24自宅訪問(野田雄一郎)




難波さんは、組合では衛生医療評議会の議長をされていました。県では唯一の男性の管理栄養士として活躍されていました。私も同じ職場になったことがありましたが、釣りが趣味でよく釣の話をされていました。


[野田]          
難波さんは退職後、再就職せずに農業に従事されていますが、そのあたりのことを教えてください。


[難波]          
 親が農業をしていたので、休みには手伝いをしていました。農業を手伝っていても苦にならなかったので、退職後は人間関係の仕事から離れ、自然を相手に健康増進のためにも農業に従事することにしました。再就職で大学から誘いがありましたが、断りました。


[野田]          
レンゲ米を栽培していると聞いていますが。


[難波]          
 朝日米を栽培していましたが、3年前から低農薬で、レンゲを肥料にして作り出しました。レンゲ米は、春に田に咲いたレンゲを鋤き込むことで有機肥料とし、化学肥料を50%以上少なくして栽培する「特別栽培米」です。五重塔の前に畑が広がり、花が満開になる4月には「吉備路れんげまつり」が開かれ、市の花にも指定されています。


[野田]          
赤米というのがありますが、違うんですね。


[難波]          
 赤米とは違います。レンゲを肥料として使うことで窒素系化学肥料を通常の約3分の1に当たる20㎏程度(10アール当たり)に抑えています。低農薬で栽培します。
 吉備路朝日米特別栽培農産物生産組合顧問の中山さんといっしょに35戸・2営農組合で作っています。


[野田]          
安心・安全な米ということですね。


[難波]          
 今では市内の全小中学校へ給食用等に出しています。


[野田]          
レンゲ米はどのくらい栽培されているんですか。


[難波]          
 田んぼ1町4反(4200坪)を有機肥料・低農薬で栽培しています。あと野菜は1反半(450坪)の畑で約20種類作っています。総社市内では、山手ふれあいの里とそうじゃ地食べ公社に出荷しています。レンゲ米の赤字分を野菜で補ってなんとかやっています。


[野田]          
レンゲ米を作り出して3年ですが、今後どんどん作っていく予定は。


[難波]          
 機械が高いので、今のまま維持していきたいです。あと10年程でしょう。


[野田]          
ところで、釣りの方はどうされているんでしょうか。


[難波]          
 現職の時以上に行っています。今年すでに10回行っています。


[野田]          
どちらの方に行かれるんですか。


[難波]          
 金曜の夜行って、土曜日に帰ってきます。片道約350㎞の所です。愛媛県と高知県の境の武者泊にグレ釣りに行っています。


[野田]          
これから退職する人に対して伝えたいことがありますか。


[難波]          
 自分がしたいことをするべきでしょう。自分が楽しみながらできることをするのがよいでしょう。


2016年7月14日木曜日

のんちゃんの あの人はいま ⑭ ~石黒 章子さん~




 援護事業功労者表彰を受けられた

 石黒 章子さん
 一九九六年(平成8年)退職

 2016.2.8事務局来所(野田雄一郎)



[野田]          
この度は、厚生労働大臣から援護事業功労者表彰を受けられ、誠におめでとうございます。
多年にわたり援護事業に貢献されたことが認められた証だと思います。
今回の受章までの経緯を教えてください。


[石黒]          
 結婚後、夫の理解を得て中国デザイン専門学校で洋裁教師の資格を取得(昭和46年3月)、その後岡山県立操山高校専攻科の教職についていた時に労働大臣検定一級技能士(婦人子供服製造)の資格取得、昭和55年には職業訓練指導員検定を受けて資格取得しました。
 昭和56年4月に岡山県立倉敷高等技術専門学校に採用されました。昭和62年、中国からの帰国者が入校したのを機に中国語の勉強を始め、会話ができるようになったので、退職後直ぐ中国帰国者自立指導員と身元引受人をしました。
 身元引受人は平成11年3月までの3年間でした。最初一家族7人を引き受け、2年後に次女の家族3人を初めて高速道路を大きな車クラウンで神戸港まで迎えに行きました。荷物が沢山で車のトランクがやっと閉まりましたが、中も後方が見えないほどで、やっとの思いで帰路につきました。その時は使命感で一生懸命で岡山に無事帰ることができました。車中では歓喜に満ちた中国語が飛び交っていました。私には何を話しているのかよくわかりませんでしたが興奮している様子でした。
 また、平成15年からは、中国帰国者の日本語学習支援事業「遠隔学習課程」スクーリング講師(スクーリングとは日本語が話せない帰国者の為に生活に必要な日本語の支援をすること)をしています。スクーリング講師として受章したのは全国でも私が初めてです。


[野田]          
長年、自立指導員とスクーリング講師をしてこられたのが認められたのですね。


[石黒]          
 平成27年12月8日に授
章式が行われました。この日の受賞者は93名で、ほとんど戦没者遺族援護の方で、引揚者援護功労者は私だけでした。表彰式の後、厚生労働省近くの法曹会館でお世話になった東京事務所の方と昼食をとり、午後から皇居内一般公開の紅葉を見学しました。美しさと感動を受賞の副賞として心にとめておきます。


[野田]          
専門の資格を取り、それを仕事に生かし、仕事が縁で中国語を話せるようになり、スクーリング講師として全国初の表彰を受けられたんですね。


[石黒]          
 これからも健康でいられる間は帰国者の為に役に立ちたいと思い、支援通訳・支援相談員としてもっともっと勉強をしたいと思っています。

[野田]          
私たち後輩に対して何か伝えたいことはありませんか。


[石黒]          
 皆さんもご存じだと思いますが、中国帰国者の人は戦前日本の国策で中国に渡り、敗戦の為日本に帰ることができなくなり、やむなく50年近く中国で苦労をしながら育ち、生活していた人々です。温かく接して頂ければありがたいと思います。
 今でも年に一回地域で交流会をしています。参加希望の方はご参加お待ちしています。一緒に美味しい本場の餃子を作りませんか?
 私は現在、岡山後楽園のガイドと岡山市緑化推進リーダーとして近くの公民館の花木の植栽をしています。昨年から認知症予防の為シャンソンを始めました。歌詞を覚えたりピアノの伴奏に合わせるのが難しく苦戦していますが、継続は力の精神で楽しく笑顔で過ごしたいです。





崎厚生労働大臣と一緒に

東京事務所の人と一緒に

新・相生橋 OBだより106号(2016年7月1日号)掲載

 この世界のことを「天地又空地」と書いて「あめつち」と読む。これからの連想だろうか、柳田国男(民俗学者)が著した遠野地方の民話にはつぎの話がある。遠野の山里に「天地の袋」という縁起物を女の子が、正月を祝って両親に対して、天地の袋の中に幸福を表すモノを中に入れ、これが逃げないように上下を縫い合わせて祝い歌をそえて贈る行事があった。と著している。天地のはざまには、人がくらし世界中にも多くの人が幸せを求めながら、懸命に相和し生きている姿をニュースで観ることがある▼大日経という密教経典では、この世には三千世界があり、そのひとつの世界には上から地・水・火・風・天(空)の要素が重なり合った世界を説いている。人々が幸せに生きていけるのは、この五大要素の調和が整った世の中が人々のくらしにとって最も良い状態であると説いている。要するに大自然の中で調和をもって生きていこう、ということか▼一方現世ではあれやこれやの災いが多い。「天変地異」はその最たるものだ。日本では昔から「地震・雷・火事・親父」の諺のとおり、地震は恐れられ、常に背後から辻斬りさながらに襲ってくると戒めていた▼寺田寅彦(物理学者)は、防災の先覚者・警世家であったが、その寺田が名言を残している。「災害は忘れたころにやってくる。日本の自然は『慈母の愛』と『厳父の厳しさ』があり、愛に甘えると厳しさを忘れてしまう」と▼天の科学・学問分野は、人工衛星など進化しており天気予報の正確さや交通情報や軍事情報など生活に役立つ側面がある。これに較べて地球物理学を柱とする地震予知などその分野は、未知の側面が多い。その要因は、研究者及び志望者が少ないこと。国策上の予算が少ないこと、研究現場が山岳等辺地にあること、地球物理学を標榜する大学は6校しかないことがあるが、最近の災害多発を受けて、国・自治体が強い関心を向けていると聞くのは朗報である▼本稿は地震について記したが、もう字数が尽きた。次号については、先の熊本大分地震災害に関して熊本城・日本三大楼門の阿蘇神社と木材の文化などについて記す予定です。

(H28・6月記 コラム11編 日本コラムニスト倶楽部会員 R・T)